ノコア

MENU

正しい使い方で効果実感!30年前の妊娠線もこれで消えました♪

妊娠線をクリームで治せるといっても、正しい使い方が出来ていなければ効果は引き出すことができません。

 

ノコアは妊娠線改善クリームの中でも効果が高いといわれていますがどう塗れば良いのでしょうか?特に治りにくいといわれる古い妊娠線に対しては塗り方がとても大切になってきます。

 

そこで30年前の妊娠線を改善させた私の母が、実際に実践していた使い方をご紹介します!

 

→ノコアは産後ケアクリームの中でも効果が高い!

ノコアの正しい使い方とは?これで更に効果が高まります!

ノコアを塗る基本中の基本としては1日2回しっかり塗ることです。朝と晩にマッサージをしながら塗ってください。

 

マッサージをすると成分がより一層お肌の奥にまで浸透しやすくなりますので効果が高まりますよ!

 

そして塗る際にはクリームを手のひらで温めてから妊娠線の目立つ部分に塗るという使い方をしてみてください。

 

スキンケア商品でも手のひらで温めてから使用するというものがありますよね?それと同じでノコアも温めると中の成分はしっかりと浸透するようになるんです。

効果的な使い方をしても効果が見られない場合は・・・?

古い妊娠線に対してはこのようなかんじで成分を浸透させやすい状態にして塗るという使い方が大切になると思います。

 

使う期間もおよそ半年くらいは見ておいた方が良いと思います。産後すぐの妊娠線ならば1か月くらいで改善したという方も多いです。何十年も経った妊娠線はお肌の中に定着してしまっていますから時間も結構かかってしまいます。

 

それでも効果が見られないという場合には、ノコアを塗る量を1日3回に増やしてみるということも効果的です。

 

そして生活習慣も見直してみましょう。

 

睡眠不足や栄養の偏りによってお肌の代謝が鈍っているということはありませんか?運動も適度にして体全体の代謝能力を上げてあげるということも妊娠線改善には実は大切なことですよ。

ノコアで30年前の妊娠線も消すことができました!

ノコアを使用して半年ほどで30年前の妊娠線を、母は改善させることができました。

 

効果を実感できる使い方ではありますので、古い妊娠線を改善させよう!という方は是非参考にしてみてくださいね。

 

お肌の再生能力を高める成分がしっかりと含まれたクリームですから、効果的な塗り方をして、ぜひ妊娠線改善効果を実感してみてくださいね!

 

→ノコアは正しい使い方で古い妊娠線も改善します!